無料ブログはココログ

« 折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ②「雲ノ平」 | トップページ | 折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ④「西鎌尾根」 »

2020年5月25日 (月)

折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ③「鷲羽岳」

念願を叶えて、幸せな気持ちと風景に浸っていましたが、旅はまだ続きます。

今回の山行のもう一つの目的地、槍ヶ岳へ向かいます。

今日は鷲羽岳を越えて双六山荘まで行きます。

Dsc_1264

Dsc_1270

Dsc_1273

雷岩を越えてスイス庭園との分岐を過ぎると、

雲ノ平ともそろそろお別れです。

Dsc_1286

岩苔乗越を過ぎると、裏銀座縦走道に合流。

裏銀座は24年ぶり、あの時は烏帽子から槍まで34日だったな。

ワリモ岳から鷲羽岳へ。

このあたりの道は歩きやすい。

ほどなく鷲羽岳へ到着。

Dsc_1303  

2,924m、今回初の日本百名山。

Dsc_1306

鷲羽池もなんとか見れました。

Dsc_1308

ハイマツの上に浮かぶように建つ三俣山荘が見えてきた。

 

前回はここに泊まったけど、今回は昼食の弁当を食べました。

山荘の人から悪天候続きで、食料や飲料が届かないので困ると聞きました。

冷たいものが飲みたかったのでがっかり。

少し雨も落ちてきてテンションが下がってきましたよ。

Dsc_1310  

天候が悪くなってきたので、三俣蓮華岳には登らず巻道を行くことに。

振り返ると、鷲羽岳の雄大な姿が。

本当に鷲が羽を広げてるみたいだ!

 

しかし、ここからが長かった。

Dsc_1314

途中で雷鳥と出会いました。

この日は何度も姿を見せてくれました。

曇ってるし雷鳥の活動も活発なんだな。

オスとメスのつがいでした。

メスはよく見るんだけどオスはレアだと思う。

 

途中、残雪を何度も越えて、雲ノ平を出て10時間半で双六山荘に到着。

ヘロヘロでした。

さすがに三日目ともなると疲れてますね(^-^;

Dsc_1318  

双六山荘はとてもきれいで、平日とあって空いてました。

結局、同室に他のグループはいなくて個室状態でした。

さあ、明日はいよいよ槍だな。

« 折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ②「雲ノ平」 | トップページ | 折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ④「西鎌尾根」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ②「雲ノ平」 | トップページ | 折立〜雲ノ平〜槍ヶ岳~上高地 ④「西鎌尾根」 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30