無料ブログはココログ

お酒

2011年7月28日 (木)

GOYA DRY

サンプルでいただきました「GOYA DRY」。

沖縄のヘリオス酒造が作っています。

Dscf6224_2

発泡酒らしいデザインの中にも「ゴーヤ」のテイスト(笑)

さてさっそくいただきますか!

Dscf6226_2

得意のビールアワーでしっかり泡をたてて

一気にいただきます。

んぐ、んぐ、んぐ・・・

恐れていたゴーヤの味はしません。

というよりすっきりとした切れ味で美味しい。

 

ヘリオスのホームページによると最大の特徴は

「ホップだけでなくゴーヤーによるスッキリとした苦味が楽しめる点」

だそうです。

奇をてらった味ではなく本気で美味しいですね。

 

関東地区では成城石井で購入できるようです。

今度は購入させてもらいます(笑)

 

ちなみにヘリオスのGOYA DRYホームページ

http://www.helios-syuzo.co.jp/goya-dry/index.html

2011年6月20日 (月)

ビールアワー

イマ話題のタカラ・トミーの「ビールアワー」

amazonでも売り切れ続出。

ところが近所のドンキホーテへ行ったら、ドカッと在庫あり。

これは神様の思し召し

即、購入しました。

Dscf5754

Dscf5756

造りこそさすがにオモチャっぽいですが・・・

ちなみにお値段は\1,580とさすがドンキホーテ。

単4電池1本が必要です。

 

さてさっそく試してみます。

Dscf5766

350ml缶ビールをカチッとセット。

Dscf5758

そのままグラスの淵に注ぎ口をつけて流し込みます。

Dscf5760

この辺まで注いだら・・・スイッチオン!

ウィーンとモーターが回ってきめ細かい泡が・・・

Dscf5761

おおー!いい感じの出来上がりだー!

Dscf5763

きめの細かい泡ができていて美味しく感じます。

Dscf5767

モーター部分を取り外すと心臓部が。

さらに分解すると・・・

Dscf5768

こいつがキモです。

これがモーターでウィーンと回って細かい泡を作るみたいです。

うーん、タカラ・トミーやるなぁ!

仕事が細かいです

 

この夏はビールが楽しくなりそうです。

飲みすぎ注意だな

..

2011年2月13日 (日)

アーリータイムス

芋焼酎、冷酒など最近はお酒も多様化しています。

僕は基本的にお酒は何でも好き。

 

いわゆる洋酒ではジンとバーボン。

独特の香りや風味のあるものが好きです。

焼酎や日本酒はクセのないものが好きなんですがね

 

バーボンの定番。

アーリータイムス。久々に買ってきました。

Dscf4259

バーボンウイスキーは、トウモロコシにライ麦と大麦を混ぜて

火にかけ、糖分を抽出し水を混ぜ、 リンゴとプラムを入れ発酵、

のちに蒸溜します。

あと何と言ってもバーボンウイスキーの特徴は香ばしい風味。

これは焼いた樽で熟成させることで生み出されます。

 

アーリータイムスは1860年

リンカーン大統領の時代に生まれました。

 

アーリータイムスのホームページによると

アーリータイムズというブランドネームには、

「開拓時代」という意味合いも含まれています。

アメリカン・ウイスキーの雄であるアーリータイムズは、

ケンタッキーにやってきた開拓者たちの手によって造られました。

当時の開拓者の魂がこもった、思い入れの深さが

うかがい知れるバーボンウイスキーなのです。

 

とのコトです。

150年前に思いをはせてゆっくりと味わいます。

乾杯!

2010年12月19日 (日)

エベレストビール(瓶)

以前ブログで「エベレストビールが美味い!」

という記事を書いたら「どうぞ!」といただきました。

Dscf3698

エベレストビールをドドーンと6本。

今回は330mlの瓶ビールです。

Dscf3699

前飲んだ缶とはまったく違うデザイン。

ちなみに缶はこちら。

Dscf2643

いただいた方に聞くとやはり缶は輸入していないようで

この缶はなかなかのレアものであることがわかりました。

 

そういえば、この前ネパール料理屋さんに行った時

ネパールアイスというビールを飲んでみました。

Dscf3685

こっちも絵柄はエベレスト・・・プッシュしてます(笑)

味は後味がかなり甘い感じ。ちょっと苦手かな・・・

エベレストビールはスッキリクリアでグッドです!

 

いま冷蔵庫でキンキンに冷やしてます。

今晩あたり飲むとするか

2010年10月22日 (金)

さっそく飲みました

Dscf2654

キンキンに冷やしたグラスにキンキンに冷やしたビール。

かあーっ!たまらん!

ウグウグっといただきます。

Dscf2655

「美味い!」

バドワイザーほどではないけど苦味が少なく飲みやすい。

いわゆるスッキリ系テイスト。

なんとなくすごーく癖があるのかと思ってた。

青島ビールみたいなイメージを持ってました。

これは日本人受けするんじゃないかな。

もう一本あるけどまた今度にしよっと

Dscf2656

蛇足だけどリサイクル表示とかは徹底されてますねえ

2010年10月20日 (水)

エベレストビール

Dscf2643

Dscf2644

ネパールに行っていた山仲間からいただきました。

ネットで調べてみると

「エベレストの無菌の水を高地から工場へ直送し、

ネパールの麦とべルギーで学んだブルーマイスターの技術で

程よい苦味と、ドライな咽喉しになっています。」

とのこと。

なかなか日本には入ってこないようで

幻のビールとも言われているようです。

 

意外なお宝ゲットです。

ものがビールなので寝かせるわけにはいかないので

近いうちにいただくことにします。

 

レポートは後ほど。

乞うご期待!

2010年6月21日 (月)

ボンベイサファイア

Dscf1221_2

先日買い物に行ったら偶然に目にしたので思わず買ってしまった。

「ボンベイサファイア」この美しい名前とボトル。

最近は冷酒だ芋焼酎だと流行はそちらだけど、僕たちの時代はやっぱり洋酒。

ウィスキーは最近ハイボールで復活してきてるけど、ジンはやっぱりマイナー。

カクテルベースでなんとか生き残ってる感じ。

大阪勤務時代によく行っていたショットバーで出会ったのが最初。

この美しいボトルにいちころ。

最初から最後までこれを飲んでました。

僕のいっていた店ではボトルごとキンキンに冷やした「ボンベイ」をロックで出してくれました。

アルコール度数は高いけど口当たりはよくてクックっと飲んでました。

ちなみにボンベイはインドの都市名(いまは現地語ムンバイに変更されているけど)。

元はポルトガル語で「良港」を意味する「ボン・バイヤ」から名づけられたとのこと。

500年以上の歴史を持つインドでも屈指の大都市です。

一度は行ってみたいところでもあります。

週末にはボンベイに思いをはせて久々にロックで飲んでみるつもりです。

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30