無料ブログはココログ

蕎麦

2011年9月 4日 (日)

蕎麦や かねみつ

木曽駒の帰り。

どうせ中央道は渋滞してるので、ご飯食べて帰ることに。

蕎麦とソースかつ丼で意見が割れます。

調べてみると両方満たしてくれる店を発見!

Dscf6365

「かねみつ」

駒ヶ根ICから駒ヶ根市街方面へ5分ほど。

Dscf6366

なかなかいい感じの入り口。

駐車場も10台ほどあります。

さっそく「もりそばとミニソースかつ丼」をオーダー(¥1,350)。

Dscf6369

蕎麦は細めでしっかりとした歯ごたえ。

Dscf6372

薬味は辛味大根とねぎです。

のど越しと歯ごたえのバランスがいいです。

さてもう一つのお目当てソースかつ丼いきますか。

Dscf6370

ミニなのでかつは4切れ。

しっかりとソースが絡んでます。

カツの下には千切りキャベツ。

カツの油とソースにしゃきしゃきのキャベツがぴったり。

味も量も満足のセットなのでした。

Dscf6367

 

蕎麦や かねみつ

長野県駒ケ根市上穂北3-13

0265-82-2842

営業時間

11:30~14:30、17:30~21:00

月曜日定休

http://www.sobaya-kanemitsu.jp/






2011年8月17日 (水)

そば工房 きふね

福井県勝山市はそば処。

最近はネット等で口コミが広がり、

お盆休みともなるとどの店もいっぱいです。

県外ナンバーの車も多いです。

今回、訪れたのは「きふね」

国道157号線沿い、越前大仏の近くです。

比較的新しい店のようですが、いつも混んでます。

Dsc_0183

店の前にはいろんな植物が育てられてます。

これもなかなかのものです。

Dsc_0177_4

注文したのは「おもてなし膳」¥1,000。

おろし蕎麦が二杯と芋の煮つけ。

Dsc_0179

麺の太さが違うのが手打ちの特徴。

しっかりとしたコシと二八蕎麦の風味が美味しいです。

Dsc_0180

出汁に大根おろしを入れてザバっとかけます。

さらに唐辛子をササっとふりかけます。

これがおろし蕎麦の流儀。

蕎麦、出汁、おろし、一味すべてがマッチして美味しい。

蕎麦湯まで含めて最後の一滴まで完食。

やっぱりこれを食べなければ始まりません。

お勧めの逸品です。

Dsc_0184

おまけは店先にあった「サギソウ」。

サギがとんでいるような綺麗で可愛い花。

お店の人の心遣いが伝わってきます。

 

めん工房 きふね

〒911-0803

福井県勝山市旭町2丁目755  

0779-87-2788

11:00~20:00

月曜定休








2011年7月 5日 (火)

手打そば 山泉

八王子へ仕事に行った時のこと。

西八王子駅までプラプラ歩いていると「蕎麦処」の看板。

Dscf5891

人が一人通れるくらいの間口しかありません。

「ムムム!これは当たりか超ハズレ」

暑いしとりあえず入ろうかってことになり暖簾をくぐりました。
 

Dscf5890

コンクリートの階段を登ります。

ドキドキ!

Dscf5888

玄関に到着。

ん!なかなかの店構え。

これは当たりかも!

Dscf5881

店内は意外にも広く、とてもキレイ。

一番奥の席に座ると蕎麦打ち部屋が見えます。

写真では光って見えませんが奥の部屋では蕎麦打ち中。

なかなか丁寧な仕事。

やっぱり期待できる。

Dscf5883

本日注文したのはミニ天丼セット(¥1,260)。

天婦羅は海老か野菜が選べます。

本日は野菜かき揚げをチョイス。

冷奴と小鉢が三点。

Dscf5885

蕎麦は細打ち麺。

歯ごたえ、喉越しともマル。

美味しいです。

ツユも濃い目と普通が選べます。

Dscf5884

かき揚げ。

ミニなのでちょうどいいくらいの量です。

Dscf5889

我々が入ったのと反対側には立派な門があります。

駐車場も数台分あり。

なかなか立派ですよ。

本日のチョイスは正解でした

 

手打ち蕎麦 山泉

東京都 八王子市千人町4-2-8

営業時間・定休日

11:30~14:00

17:00~20:30

定休日:月曜日

2011年5月15日 (日)

女鳥羽(めとば)そば

西穂高へ行った帰りこと。

お昼を食べていこうということになり松本へ。

食べログで調べた「浅田」へ行ったのですが、

すでに品切れ閉店(まだ13時すぎ!)。

そこで近くにあるこちら「女鳥羽(めとば)そば」へ。

Dscf5170_2

新築されたらしく真新しい店舗です。

意匠がなかなか面白いですね。

Dscf5168_2

暖簾もなかなかおもしろいデザインです。

Dscf5173_2

店内は新しいですが落ち着いた雰囲気になってます。

13時半くらいでした満席。

そのあとも何人も来店されて待ちでした。

 

さてこの日注文したのはまずは、タケノコの天婦羅(\680)。

Dscf5174

やっぱり旬ですからね。

旬の筍、漢字で書くとなんだか紛らわしいな(笑)

さて次はお蕎麦、三重(みかさね)そば(\1,365)。

Dscf5176_2

その名の通り3段重ねで3種類の味が楽しめます。

Dscf5179

一段目は海苔。

松本産のそばの実だけを使用しているとのこと。

味、のどごしともグッドです。

Dscf5177_2

二段目はとろろ。

蕎麦の量は半分ほどになります。

ココでツユにごまを投入。

うん!美味しい。とろろ好きにはたまらん。

Dscf5180

三段目は抹茶。

これが意外とあうんですよ。あっさりといい感じです。

Dscf5181 

お約束の蕎麦湯。

嬉しいことに白菜のお漬物がつきます。

信州はお漬物ですねー

ちょっとしたことですが、この気遣いが嬉しい!

Dscf5171_2

店名の由来は、お店の前を流れている女鳥羽川。

おおっ!暖簾のデザインはこの辺から取ったのかな?

女鳥羽川はいくつかの川と流れを合わせ信濃川となります。

Dscf5183

すぐ近くには松本城(国宝)があったりして、

なかなか気持ちのいいところです。

 

女鳥羽そば

長野県松本市中央3-4-8 〒390-0811

電話:0263-35-8502 FAX:0263-35-6685

午前11時~午後7時頃まで営業

毎週水曜と第3火曜定休

駐車場7台

2011年5月10日 (火)

蕎麦 庄庵

ゴールデンウィークに実家へ帰った時のこと。

親友のフェザーさんがとっておきの蕎麦屋へ案内してくれました。

現在は津市になっていますが、元の美杉村。

津の市街地からは車で1時間半ほどかかります。

Dscf5218

細い県道の先(青い看板のあたり)はもう奈良県。

山桜で有名な「三多気の桜」の近くです。

Dscf5191

「庄庵」古民家がそのままお店になってます。

お店のHPによると題字は有名な先生が書かれたそうです。

Dscf5193

ここは完全予約制。

1日2組10名まで。

Dscf5194

玄関を入ると三和土があって典型的な田舎家。

リフォームは最小限にされていていい感じです。

Dscf5195

メニューは蕎麦会席のみ。

まずは蕎麦茶とそばの素揚げ。

Dscf5199_2

そばがき。

醤油と山葵でいただきます。

お餅のような食感で美味しい。

Dscf5202_2

あまごの塩焼き。

囲炉裏端で2時間かけてじっくり焼き上げた一品。

頭から尻尾まで骨まですべて美味しくいただきました。

Dscf5204_2

ムラサキコシマメ、ごま豆腐、山菜の天婦羅。

山菜はこごみ、こしあぶら、たらのめ。

こしあぶらは山菜らしい苦味があって美味しかったです。

Dscf5205

蕎麦の登場。

まずは更科蕎麦。

蕎麦の実の中心部のみを使うため真っ白です。

そうめんのようですがしっかり蕎麦の食感。

Dscf5206

綺麗ですね。

Dscf5207

続いて三色盛り。

田舎蕎麦、細打ち、太打ち。

薬味は葱と山葵と辛味大根。

いやーどれも美味しいです。

ちなみにこちらはすべてつなぎ無しの十割蕎麦。

したがって温かい蕎麦はありません。

Dscf5209

ここからは「おかわり」タイム。

自分の好きな蕎麦を好きなだけいただけます。

食べ終わるとご主人が直接注文を聞きにみえます。

そこからさっとゆがき、でてきます。

茹でたてをさっといただきます。

本来の蕎麦の食べ方ですね。

これがたまらなく美味しい。

Dscf5214

たらふく食べたあとは蕎麦湯。

Dscf5216

そしてデザートはヨモギ餅。

上の餡もとても上品。

Dscf5215

囲炉裏の部屋もあります。

Dscf5196

裏庭も野趣あふれる感じでとても気持ちのいいお店でした。

ご主人が会社定年後、この古民家を購入して移住されたそうです。

「ココの暮らしは最高」とご夫婦とも言われてました。

なんだか判る気がします。

料理も気持ちのいい美味しさでした。 

 

蕎麦処 庄庵

三重県津市美杉町杉平120番地の2

TEL 059-274-7500

昼のみ営業(11:30〜)

火曜、水曜休み(祝祭日の場合は除く)

蕎麦会席

¥2,800/人

予約のみ(1日2組10名まで)

2011年4月13日 (水)

草季庵

先日箱根へ出かけた時にランチをした時のこと。

食べログで検索して見つけた御殿場の蕎麦屋さん。

すごーく判りにくいところにありました。

ナビの力に感謝しつつ到着。

Dscf4687_2

民家を改造したような店構え。

でもなかなかセンスが良さそうな感じ。

お昼前でしたがすでに入店待ち。

期待できそうです。

Dscf4694

Dscf4696

10分ほどまって中に入ると、これまたいい感じ。

やっぱり民家をリフォームして店舗にしたようです。

縁側があり、床の間があり、伝統的な日本家屋ですね。

Dscf4689

お茶が運ばれてきました。

飲んでみるとなんと「蕎麦湯」。 

美味しいのでおかわりを頼むと・・・

Dscf4711

いい感じの容器で出てきます。

うーん、ますますいい感じ。

ちょっと贅沢をして鴨ロースト(\1,300)と

天婦羅(\900)をオーダー。

Dscf4697

Dscf4705

さりげないけど、とても美味しかったです。

ほどなく蕎麦もきました。

Dscf4704

今回頼んだのは辛味せいろ(\1,000)。

紫色の辛味大根。

Dscf4709

蕎麦は細めでしなやかだけど腰があります。

Dscf4710

辛味大根入りのつけ汁でいただくとピリッと美味しい。

のど越しもいいです。

食べてみると結構、量も多くて満足。

ランチにしては少々お高めですが大満足でした。

 

やっぱり料理は店の雰囲気やおもてなしも重要な要素ですね。

改めて感じました。

 

草季庵

静岡県御殿場市杉名沢306-1

[火~金]

昼の部 11:30~15:00(L.O.14:30)

夜の部 18:00~20:30(L.O.19:30)(当日17時頃までに要予約)

[土・日・祝]

昼の部 11:30~15:30(L.O.15:00)

夜の部 18:00~20:30(L.O.19:30)(当日17時頃までに要予約)

2010年9月20日 (月)

たなぼた庵

Dscf1578

北アルプスからの帰り、お昼を食べようと寄ったお店。

せっかくなので信州蕎麦と食べログで検索。

たまたま近くだったので「たなぼた庵」に決定。

 

なかなかの人気店らしく駐車場は一杯、店は行列。

運良く一台分あいてたので駐車して行列に。

これまたタイミングよく店内に入れて早速注文。

Dscf1573

素朴なお品書きで口元がゆるみます。

食べログでは大盛りが・・・と書いてあったので

奮発して天もりそば大盛りを注文。

Dscf1572

まずは天婦羅がでてきました。

すでにビックリ!なんだーこの量は!

食べてみるとアツアツ・サクサクですごく美味い!

Dscf1574

きました蕎麦!いや蕎麦×3くらい!

高さを確認するために別アングルから。

Dscf1575

まさか山から下りてきてまた山に挑むとは・・・

ハードな登山のあととはいえさすがに量が・・・

でも味はさすがにいいです。

のどごしもスルスルっと。

天婦羅、蕎麦とも完食いたしました

Dscf1577

蕎麦、天婦羅とも2.5人分くらいはあります。

そう考えるとコスパはかなりいいですね。

そうとう混雑します。覚悟の上でどうぞ!

 

たなぼた庵

長野県長野市川中島四ツ屋350-2

026-285-6126

そばが終わり次第終了
[火~金]
11:00~15:00
17:00~20:00
[土日]
10:30~15:00
17:00~20:00
[祝]
10:30~15:00

月曜定休

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30